« 2010サッカーW杯南アフリカ大会を予想してみる | トップページ | 鹿島アントラーズ3連覇達成 »

2009年12月 5日 (土)

三浦しをん『まほろ駅前番外地』

を読んだ。

 

イマイチだった。

これは『まほろ駅前多田便利軒』の続編っていうかスピンオフっていうか、要は前作で出てきたサブキャラにまつわる話が載っているものだ。でも別にそんなに面白いものではなかった。

終わり方も微妙だった。こんな終わり方かよっ!と怒りたくなるほどだった。でもよく考えたら、きっとこの終わり方は多田と行天、二人の関係性を表現しているのかもしれないな、と考え、それならまぁ悪くないか、と思った。

まぁお勧めできる小説ってわけではない。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 2010サッカーW杯南アフリカ大会を予想してみる | トップページ | 鹿島アントラーズ3連覇達成 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/32496760

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦しをん『まほろ駅前番外地』:

« 2010サッカーW杯南アフリカ大会を予想してみる | トップページ | 鹿島アントラーズ3連覇達成 »