« 映画『カマチョップ』 | トップページ | ちょうどいいこと »

2010年1月17日 (日)

映画『メンフィス・ベル』

をDVDで観た。

 

第二次世界大戦のヨーロッパ戦線における、通称「メンフィス・ベル」というアメリカ軍の爆撃機の乗組員たちのお話。25回の任務をこなすと故郷に帰れるという決まりがあり、その25回目の任務が主に描かれていた。

感想、そんなに面白くなかった。TSUTAYAの感動100円レンタル、みたいに銘打たれたコーナーにあったものなので、無難に面白いのだろうと思っていたからがっかりした。正直、どこで感動するのかがまったく分からなかった。戦争映画特有の悲壮感のようなものも感じないし、若者たちの苦悩みたいな描き方もものすごく下手くそだったと思う。

きっとこれは、あまりにレンタルされないものだからTSUTAYAが無理やりあのコーナーに押し込んだものだったのだろう。

口コミはそれなりに信用できるが、こういう“商業的お勧め”は信用できないということの、いい例だ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 映画『カマチョップ』 | トップページ | ちょうどいいこと »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/33015192

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『メンフィス・ベル』:

« 映画『カマチョップ』 | トップページ | ちょうどいいこと »