« 宮部みゆき『理由』 | トップページ | 映画『カマチョップ』 »

2010年1月16日 (土)

心チキンと行動チキン

「チキン」とは何を指す言葉か。

鶏肉のことを言っているのではない。いわゆる、「びびり」という意味のチキンのことだ。

一体何を以って僕はチキンとされてしまうのか。

心か。

行動か。

もし前者なら、僕は間違いなくチキンだ。

大抵のことに、僕はびびっている。

上手くいかないのではないか。

嫌われるのではないか。

そうやって尻込みをする。

でも行動ならどうか。

僕は、それならチキンと言われずに済むような気がしている。

思い返してみて、よくあんなことできたな、とかいうことがたまにある。

びびるし、愚痴るし、ネガティブだけど、やる。

行動に現れるのは、やったかやらなかったか、だけだ。

その点で僕は、絶対にチキンではないと思うのだがどうだろうか。

もちろん天使からの贈り物、「Don't be a chicken」の後押しがあってのことだが。

 

ただ重要なことは、チキンじゃないからって物事がうまく進むわけではないということだ。

あるいはチキンの方がいいということもあるだろう。

人生は難しい。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 宮部みゆき『理由』 | トップページ | 映画『カマチョップ』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/33007159

この記事へのトラックバック一覧です: 心チキンと行動チキン:

« 宮部みゆき『理由』 | トップページ | 映画『カマチョップ』 »