« 婚活は結婚への近道なのか | トップページ | 同じ男 »

2010年1月18日 (月)

衣・食・住+医療・介護の地位向上を

生きる上で最低限必要なものがある。

衣・食・住だ。

これに医療と介護を加えたものに関わる職業を、僕は偉大だと思う。

例え世界が一度崩壊したとしても、これに関する職業はすぐに復活するだろう。仕事というものが世界のニーズに従うなら間違いなく。

 

つい先日、とある調査結果を目にした。その中に、小学生が将来なりたい職業の調査結果があった。ちゃんとは覚えていないが、男子の場合、野球選手とサッカー選手が1,2位で、その下あたりに大工、医師が続いていた。

僕はこの結果を見て少し嬉しくなった。スポーツ選手は別にしても、大工と医師という職業は、限りなく「生存」に近い。そういった職業が子どもたちから「なりたい!」と思われていることが嬉しい。

もちろん子どもたちが「生存に近い」などと思っているわけはないが、そういった職業がかっこいい、と子どもたちに思われている社会というのは、悪くないと思う。

 

そうなると残念なのが、「農業」がランキングに入ってこないことだ。最近は渋谷のギャルたちが農業を流行らそうとしているようだが、まだ農業の地位向上にはつながっていないのだろう。

子どもに目指される職業になれれば、将来の農業は明るい。となれば目指す農業は一つだ。子どもが目指したくなるのは決まって、「かっこいい」ことである。だから農業も、かっこよくならなければならない。

手っ取り早く、普段は農家、本職はヒーロー、「兼業ノーカマン」という戦隊ものを作るってのはどうだろうか。

ダメにきまっている。

いや、でも、イケメン俳優がつなぎを着てトラクターを運転する姿は、けっこうかっこいい気がする。

いけるぞ、農業。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 婚活は結婚への近道なのか | トップページ | 同じ男 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/33037145

この記事へのトラックバック一覧です: 衣・食・住+医療・介護の地位向上を:

« 婚活は結婚への近道なのか | トップページ | 同じ男 »