« 脳みそのジレンマ | トップページ | 貸し借りの消失 »

2010年1月24日 (日)

フットサル後サッカー

今日はROONEYSの練習と、その後高校時代の友達のサッカーチームに遊びに行きました。あ、遊びに行ったといっても、Wiiをやったりお酒を飲んだりということではなく、もちろんサッカーをしに行ったということです。

 

久しぶりに会うその友達は全然変わってなくて、何だかとても安心しました。変わらない良さって、ありますよね。それに僕との再会を何だか本当に嬉しく思ってくれているようで、それも僕にすると嬉しかったですね。

フットサルの後のサッカーなので、それなりに疲れました。20分を3本やりましたが、3本目でさすがに脚が攣りそうになってしまいました。でもすかさずストレッチを入れ、無茶なダッシュやジャンプを控えたので何とか持たせることができました。攣ったのは家に帰って、ストッキング(もちろんサッカーのです)を脱ごうと片足立ちをしたときでした。一人の家で脚を攣ることほど切ないこともありませんね。

 

【油断大敵<ゆだんたいてき>】

油断は物事の失敗の原因となるから大きな敵である。

~広辞苑より~

 

あ、もう一つ嬉しかったことが。それは、友達が僕のサッカーを褒めてくれたことですね。上手くなったと。久しぶりにサッカーした友達から言われるということは、その頃よりは確実に上達しているということですからね、これは嬉しいです。ただ、僕はフットサルを始めたのが大学入学のタイミングで、サッカーに限っては会社に入ってからですからね。上達して当たり前といえば当たり前なのです(笑)でも褒められたら嬉しいですね、やっぱり。

 

こんな一日だったので、さすがに疲れました。本当ならさっさと寝てしまいたいとことなのですが、なぜか僕はとことん運動して疲れたときに、なかなか寝れないという癖があるのです。普通であれば体が休養を求めて泥のように眠れると思うのですが、おそらく僕の場合、体の興奮が収まっていないのでしょうね。体がまだ寝たくない!もっとサッカーしたい!そう言っているのですね。脚攣ったくせに何言ってるのでしょうね、まったく。

とはいえ、そろそろベッドに入ろうと思います。

 

 

あ、最後になりましたが、おそらく誰も気づいていないと思いますが、この記事丁寧語でしたね。これからはしばらく、丁寧語でいきたいと思います。今年のテーマなのです。もっと落ち着いた男になる、という。ブログも丁寧語にすることで、その目標達成に貢献させようという狙いです。ただ安心してください。丁寧語であってもブログのしょうもなさは変わりませんので。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 脳みそのジレンマ | トップページ | 貸し借りの消失 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/33113444

この記事へのトラックバック一覧です: フットサル後サッカー:

« 脳みそのジレンマ | トップページ | 貸し借りの消失 »