« 謝罪会見 | トップページ | ゾロの手足は温かい »

2010年1月13日 (水)

デブ天使、再び

帰りのバスで、あの男に会った。会ったといっても、同じバスにまた乗り合わせただけだが。

 

チキンvsデブ

 

彼はまた優先席に座っていた。

僕はあのときとは違い、優先席の斜め向かいの席に座っていた。

彼はあのTシャツを着ていなかった。

でも彼は、僕を見てなぜか笑った。

その笑みはまるで、「Don't be a chicken」と僕に言っているようだった。

なんで彼は僕がチキンであることを知っているのだろうか。

 

Don't be a chicken.

 

なんて突き刺さる言葉だ。

しかし、今の僕に一番必要な言葉なのかもしれない。

なるほど、きっと彼は、神様の使いだったのだ。

僕に神の言葉を届けに来たのだ。

このチキン野郎に渇を入れに来た、デブ天使だ。

 

Don't be a chicken.

 

この屈辱的な言葉を常に自分に言い続けて、その怒りをパワーに進んでいこうじゃないか。怒りは僕にとって、いつでも最高の動力源なのだ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 謝罪会見 | トップページ | ゾロの手足は温かい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/32975674

この記事へのトラックバック一覧です: デブ天使、再び:

« 謝罪会見 | トップページ | ゾロの手足は温かい »