« BOWLING FOR SOUP『Me With No You』 | トップページ | フットサル後サッカー »

2010年1月24日 (日)

脳みそのジレンマ

人間の想像力って凄いよね。

例えば高いところがあるとするでしょ?そこを上って下を見下ろして足がすくむのは普通だけど、下からその高いところを見上げて、そこに立った自分を想像しても足すくむでしょ。

凄くない?想像力すごくない?

なんでこんなことになるかというと、僕たちの行動は結局、脳みそが物事をどのように認識するかに依存しているからなんだろうね。もし火に手を近づけても、脳みそが「熱い!手を引っ込めろ!」と思わなきゃ手を引っ込めようとは思わないんだろうね。ジリジリと焼けていく手を呆然と眺めていることもできるんだろうと思うよ。

高いところの話でも、高いところに立つ自分を想像することで脳みそが、「高い!怖い!」って思えば足がすくむってことだね。

 

ところでさ、足がすくむってどういうことなのかな。

面倒くさい男世界選手権8連覇中の僕は思っちゃうよね、すくむって何ってね。

でもさ、上手く説明できなくない?すくむって。

 

【竦む<すくむ>】

①(恐れなどのために)身がちぢんで動かない。「身の―・む思い」

②ちぢむ。ちぢまる。

③こわばる。固い感じがする。

④かたくなである。固くて動きがとれない。

~広辞苑より~

 

あー、なるほどね。縮むとかこわばるってことか。つまり脳みそは、「動くと危ないからじっとしてろ!」という命令を出しているわけだね。オートマチックだね。脳みそは危ない状況になると、誠実にマニュアルか何かに則って脚に命令を出すわけだね。それが僕の勝手な想像による嘘の情報だったとしても、それを疑うシステムはないんだね。

システムに不具合を生じさせるということでいえば、想像力はウイルスにもなるということだね。

面白いね、想像と脳みそ。想像してるのも脳みそなのにね。

 

 

ではまた。

 

 

|

« BOWLING FOR SOUP『Me With No You』 | トップページ | フットサル後サッカー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/33105744

この記事へのトラックバック一覧です: 脳みそのジレンマ:

« BOWLING FOR SOUP『Me With No You』 | トップページ | フットサル後サッカー »