« 一般的充実生活 | トップページ | バンクーバーオリンピック開幕 »

2010年2月12日 (金)

映画『ゴールデンスランバー』

を観ました。

 

かなり良かったです。

原作・伊坂幸太郎、監督・中村義洋、主演・堺雅人という超豪華な顔ぶれによる作品なので、まぁ外れることはないと思っていましたが、その通り面白かったです。やっぱり伊坂幸太郎の物語はこれでいいんだ、と思いました。人を幸せな気分にする物語です。現実的でないとかキザであるとか、そんなことはどうでもいいと思います。人にはそれぞれ役割があって、僕にとっての伊坂幸太郎の役割は、物語で人を幸せにすることなのです。

原作をもう一度読み直してみないと何とも言えませんが、映画は原作を超えたかもしれません。キャストが良かったし、監督が中村義洋ですからね。原作越えも十分に可能です。同じく原作・伊坂幸太郎、監督・中村義洋の映画『アヒルと鴨のコインロッカー』も、映画が原作を超えたと僕は思っていますが、『ゴールデンスランバー』も同じくらいいいです。

これは笑いながら泣ける映画だと思います。目頭が熱くなったシーンがいくつかありましたが、いずれも僕はちょっと笑いながらでした。特に、主人公の父親がカメラに向かって喋るシーンや、ラストの手紙が届くシーンなど、笑いながらも泣ける場面が他にもありました。笑いながら泣くってのは、何だかとても贅沢なような気がして、とても気分がいいです。幸せな気分になります。

 

いやしかし、伊坂幸太郎の描く家族像というのは、何て素敵なのだろうといつも思います。『ゴールデンスランバー』しかり『重力ピエロ』しかり。僕も親父になったら、こういう人になりたいと思います。理想の父親像は伊坂幸太郎に学ぼうと思います。

 

ゴールデンスランバー ゴールデンスランバー

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 

映画も小説もお勧め、『ゴールデンスランバー』。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 一般的充実生活 | トップページ | バンクーバーオリンピック開幕 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/33352411

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ゴールデンスランバー』:

« 一般的充実生活 | トップページ | バンクーバーオリンピック開幕 »