« zebrahead『Into You』 | トップページ | 左とか右とか »

2010年2月21日 (日)

憲法を変えていいなら、初めから憲法なんていらない

先に言っておきます。

僕は今、酔っ払っています。

だから許してください。

 

僕には昔から悩みがあります。いつからの悩みかははっきりとは分かりませんが、悩みです。それは、僕が恐れられる存在になってしまう、という悩みです。

自覚はあります。「なんでそうなってしまうのだろう?」などと愚かなことは思いません。でも、僕は、恐れられるのを望んでいるわけではありません。だからこそそれで悩むわけですが。

僕はよく、丁寧語を使われます。年下ならまだしも、たまに、同じ歳の人や、年上からも使われます。それはなぜかというと、僕が偉そうだからです。あまりに偉そうだから、当てつけとして、丁寧語を使われることがたまにあるのです。

僕が、主張すべきことを主張した結果、それを相手に理解されなかった時などによく丁寧語を使われるのです。

僕はそれがいつも悲しい。そんなつもりで言ってるのではないんです。僕はおかしいことはおかしいと言いたいだけなのに、人は批判されると極端に態度を変えてしまうものなんです。それはもう、この歳になってある程度は分かってはいますが、でもやはり、辛いです。主張する度にそんな態度を取られたら、辛いんです。

でも僕は、辛いなんてことを言えません。僕は、僕が取るべき態度を取り続けなければならない。

一体、誰に「辛い」なんて言えるのでしょうか。いや、ある意味ではここで言ってしまっているのですが、ここで言うことに、一体どれほどの意味があるのでしょうか。僕はここでの発言は、あくまで独り言と捉えています。

 

話が反れました。

 

僕は、もっと上手い言い方を覚える必要があるのだと思います。“社会人”ってやつが好きな言葉を使えば、コミュニケーション能力の向上ってやつです。相手に不快感を与えず、卑屈にさせずに、自分の考え方を伝える。そういう能力が僕には必要なのだと思います。そしてそれは、僕が最も苦手としていることの一つなのだと思います。思ったことをそのまま言うことの美徳を信じていた時があったので・・・。

 

一体これは何の話なのでしょう。

僕が真剣に悩むことは、ROONEYSのことです。

今日は練習後に何人かのメンバーに付き合ってもらって、色々な話をしました。もちろん真面目な話ばかりではありません。基本は、「彼女が欲しい」という話です。

でも僕にとって最も重要だったのは、「今のROONEYSはどうか」ということです。

「前の方が良かった」という声は、さすがに僕にはこたえました。

とはいえ、僕も今の状態がベストだとは思っていませんし、問題点はあると思っています。だからこの声をあげたメンバーの気持ちは分かりますし、なるべく彼の声には応えたいと思っています。

ただここで悩ましいのが、全員の希望を叶えるのは、やはりどうしても難しいということです。

例えば、ROONEYSは2,3年前に比べてレベルが上がったと思いますが、それでは技術的に劣る人たちの満足が下がります(あえて「満足」などというしょーもない言葉を使っています)。でも一度上がったレベルを下げるのが不可能なのも事実なのです。これは、本当の意味で不可能。レベルの高い人を排除しない限り、不可能なのです。

他にも、飲み会だけが楽しみとか、フットサルだけが楽しみとか、色々な希望がある中で、全員の希望を叶えるのは、やはり不可能です。理想は、それぞれの理想に叶ったクラブが全国各地に存在していることですが(そうすれば全ての人は、それだけでクラブを選ぶことができます)、それもやはり難しいです。

だから僕は、なるべくROONEYSにしかできないことをやりたいと思っています。

他所でできることなら、何もROONEYSでやる必要はない、とは若干ではありますが、思います。

じゃあROONEYSで何をやるかというと、ものすごく抽象的な話で、しかも理想論的な感じになってしまいますが、「ROONEYSは楽しい」と思えることなのです。

「試合に勝つ」でも「上手くなる」でも「友達を作る」でもなく、とにかく「ROONEYSにいることが楽しい」。その上で、先に挙げたものがでてくる。

フットサルが上手くても下手でも、お酒が飲めなくても飲めても、おっさんでも高校生でも、みんなが楽しいと思えるところを目指したいのです。

分かってます。いつかこんなきれい事が通用しなくなることは。いつか組織として、何らなかの判断が必要になることは。

でも僕は、理念とはそういうものだと思います。

あらゆる条件を無視してでも語れるもの、それが理念であり、僕がROONEYSを作ったときの理念は、「クラブの永久的継続」と「スポーツを楽しむ」でした。これを、障害を理由に変えるなんてありえません。憲法九条は現代の社会情勢に合わない、などとほざくアホどもの主張くらいありえません。

 

僕はそれこそ、高校までは色々な人をスポーツから排除したい欲求で溢れていました。

「お前にスポーツをやる資格はない」

というような感じです。

その反動から、今では僕がいることでスポーツを好きになる人が一人でも増えればいいと思っています。だから僕は、上手いとか下手とかを超越したクラブを作りたい。

そう思えば、規模はどうでもいいのかもしれません。僕はいつまでたっても小さい人間なので、ちょっと油断すれば組織の拡大を考えてしまいますが、実はそんなことは全く重要ではないのです。

ROONEYSでフットサルや飲み会や、その他何でもいいのですが、とにかく人生を楽しみ、生きていて良かったなぁ、とか、これからも生きていたいとか、そういうことをちょっとでも思ってもらえたらいい。

そのためにも、僕は絶対にROONEYSを存続したい。存続しなければ何も生み出せない。ROONEYSで楽しんでいた人を裏切ることにもなる。だから僕は、存続こそが第一優先だということは、いつでも考えている。

もしROONEYSの存続を脅かすものがあるなら、僕はそれを絶対に排除する。絶対にだ。

 

こんなことを言っていると、気持ち悪いと思うでしょう。たかがフットサル。プロでもなければ、それで生計を立てているクラブというわけでもない。

でも、だから何だというのだ。

人生で大事にしたいことに出会えた。

それだけで、僕には十分だ。

 

お前には一体、何があるんだ。

 

色々あるけど、僕はROONEYSの可能性だけは信じることができる。会社はいつか潰れると思うけど、ROONEYSは潰れないと思う。

だって考えてることが継続だから。成長ではない。人を苦しめるだけの成長ではない。

こういう自分の主張を所々に入れてしまうのが僕の悪いところです。

 

最初のテーマからだいぶ反れてしまった感じがしますが、何が言いたいかというと、僕がいくら批判されても、嫌われても、丁寧語を使われても、僕は僕の理念は曲げない。戦うべきものとは、戦い、絶対に負けないということです。

アホです。

うるせえ!

 

 

 

 

あ~あ。

大体こんな感じになってしまうよ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« zebrahead『Into You』 | トップページ | 左とか右とか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/33479992

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法を変えていいなら、初めから憲法なんていらない:

« zebrahead『Into You』 | トップページ | 左とか右とか »