« 僕らは中央線で繋がっているのよ | トップページ | 垣根涼介『午前三時のルースター』 »

2010年4月30日 (金)

この雑な扱い

GWの初日である昨日は、新宿で飲んでいました。

3時間くらい飲んだ頃でしょうか。次はカラオケに行こうということになり、店を出ました。

店を出たところで、「ここから近いカラオケってどこだろうね~」と呟くと、新宿って凄いですね、すかさず“お兄さん”が近づいてきました。

「カラオケお探しですか?1時間飲み放題つきで2000円で行けますよ。1500円でもいいです」

何も言ってないのに値切りまで勝手にやってくれました。

まぁどこでもいいか、ということでそこに行くことを伝えると、お兄さんが店に確認の電話をかけました。そしてあろうことか、NGが出ました。満室だというのです。

しかしそこは新宿凄いです。すかさず他のお兄さんが寄ってきてバトンタッチ。先ほどのお兄さんは「こちらも同じ系列なんで」と言って去っていきました。僕たちにとって同じ系列かどうかは全く関係がない、ということは置いといて・・・。

そして次のお兄さんも同じ条件で店に確認の電話をしました。そしてまた同じようにNGを出したのです。満室だと。

そして結局僕たちは、すぐ隣にあったカラオケ館に入ったのでした。

まったくこの新宿という街は・・・。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 僕らは中央線で繋がっているのよ | トップページ | 垣根涼介『午前三時のルースター』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/34452707

この記事へのトラックバック一覧です: この雑な扱い:

« 僕らは中央線で繋がっているのよ | トップページ | 垣根涼介『午前三時のルースター』 »