« 垣根涼介『午前三時のルースター』 | トップページ | 勿体無いこと »

2010年5月 1日 (土)

まず彼女

もし僕に将来子どもができて、その子どもが僕と同じ職に就くと言い出したら、僕は賛成すると思います。そしてまた、僕とは違う職に就くと言い出しても、僕は賛成すると思います。

たぶん、「別にいいんじゃね」って言います。

ていうかきっと僕の遺伝子を受け継いだ子どもであるならば、きっと相談なんてしないっす。勝手に決めて、報告に来るだけだと思います(笑)

そして僕は、それでいいと思うわけです。

 

ただ想像を膨らませて、子どもが「ROONEYSを引き継ぐ」と言い出すところを想像してみると、これはもうびっくりするぐらい嬉しいです。想像だけでニヤけてしまいます。大学時代に後継者のことについて悩み、考えていたことを、自分の子どもが解決してくれるなんて!!これはもう賛成も反対もありません。抱きついてベロベロします。

あ~、そんな日がいつか来るなら頑張っちゃうな~。

子どもに「親父のように生きたい」と思われるように生きたいです。何なら「俺のように生きろ」と言いたいです。強制とか束縛とかそういうことではなく。

 

とにかくかっこよく生きるのよ。

 

 

ではまた。

 
 

ブログネタ: 子供が自分と同じ職に就くと言い出したら?賛成?反対?参加数拍手

|

« 垣根涼介『午前三時のルースター』 | トップページ | 勿体無いこと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/34469229

この記事へのトラックバック一覧です: まず彼女:

« 垣根涼介『午前三時のルースター』 | トップページ | 勿体無いこと »