« トリプルヘッダー | トップページ | 鳩山の辞任 »

2010年6月 2日 (水)

柴田哲孝『TENGU』

を読んだ。

 

大藪春彦賞受賞作品だというから読んでみたけど、正直それほどでもなかった。つまらなくもないけど、面白くもないという感じ。

とある田舎の集落で起きた殺人事件の真犯人を追及する話なんだけど、何ていうか、落ちが残念。人間離れした犯行方法に、犯人は“天狗”だと言われていたんだけど、実際はネアンデルタール人の生き残りでした、っていう・・・。

正直、何だよそれ、って思ってしまった。

まぁ話の展開とか、表現とかは悪くないし、落ちへの期待の高め方もいいと思うけど、最後がなぁ。しかも最後、その犯人のネアンデルタール人の子どもが出てきて終わりっていうね。

何か結局は、未確認生物って世界にいっぱいいるんだぜ!っていう小説だったのかなという気さえしてきてしまった。

 

そういう小説。

 

Tengu Tengu

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 

 

ではまた。

 

 

|

« トリプルヘッダー | トップページ | 鳩山の辞任 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/35017649

この記事へのトラックバック一覧です: 柴田哲孝『TENGU』:

» 半 魚 人 未確認 生物 [半 魚 人 未確認 生物]
半 魚 人 未確認 生物・・・なんていう響きは、ちょっとオゾマシイのですが、マーメイドではいかが? そんな半魚人についてお話しましょう。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 14時28分

« トリプルヘッダー | トップページ | 鳩山の辞任 »