« 出会いのタイミング | トップページ | もーいーよ »

2010年7月 7日 (水)

催涙雨の向こう側

こと座の1等星ベガは、中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られている。織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座アルタイルである。夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。

~Wikipedia(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%A4%95#.E7.B9.94.E5.A5.B3.E6.98.9F.E3.81.A8.E7.89.BD.E7.89.9B.E6.98.9F.E3.81.AE.E4.BC.9D.E8.AA.AC)より~

 

 

だってさ。

今日はまさに催涙雨が降っているわけだ。

 

でもさ、宇宙に雨は降らないでしょ?

僕は思うんだよね。織姫と彦星は地球の天候に関係なく会ってて、催涙雨の日にはこの雨雲のカーテンの向こうで誰にも見られず、むしろ思う存分イチャついてるんじゃないかってね。

きっと見えないだけで、今夜星はいつになく輝いているはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてことはない。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 出会いのタイミング | トップページ | もーいーよ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/35671897

この記事へのトラックバック一覧です: 催涙雨の向こう側:

« 出会いのタイミング | トップページ | もーいーよ »