« 神様ジェラシー | トップページ | 4とか9とか »

2010年8月26日 (木)

不幸自慢宇宙人

働きすぎの社会を批判し続けてきた僕が、働きすぎてる。

朝は8時前に出社し、夜は20時過ぎまで働く。

なんと一日の半分以上を会社で過ごしている!

驚愕の事実!

一週間の半分以上会社へ行き、その一日の半分以上を会社で過ごしている!

一体何なんだこれは!

これが健全な動物の生き方か!!!?

どうした世界、日本、会社、俺!

 

しかしつくづくおかしな話だ。

こんなにも仕事があってヒ~ヒ~言ってる僕がいて、同時に仕事をしたくても仕事がない人がいる。

一体日本の経営者どもは、雇用についてどういう風に考えてるんだろう。全員に夏休みの宿題を課したい気分だね。「なぜあなたは雇用を増やさないのか」ってテーマで作文書かせたいよ。

 

きっとこれを読む人の中にはこう思う人がいるだろうな。

「たったそんだけの労働で文句言ってんじゃねーよ!俺はもっと働いてる!毎日終電で、帰れない日もある!土日に仕事するのなんか当たり前だ!」

ってな感じで。

そんな人はね、あっち行け。

不幸基準で物事を考えたら世界は崩壊するんだよ。僕は世界の崩壊には反対で、世界平和には基本的には賛成なんだよ。

不幸の強要なんて最悪だ。正義の強要と同じくらい最悪だよ。

 

大体ね、労働時間の自慢をするようなやつはたぶん睡眠時間の短さを自慢するだろうし、連続徹夜日数を自慢するだろうし、白髪の数を自慢するんだよ。もしかしたら結婚しないことを自慢するかもしれないし、運動不足であることを自慢するかもしれないし、ウンコの色が黒いことさえも自慢するかもしれないよ。

なんでそんなやつの言うことを聞かなきゃならんのだね。

だからね、あっち行け。

僕にとってそんな人たちは宇宙人なんだよ。

僕はね、働きすぎを自覚しながらもどうしようもできないか弱いサラリーマンたちと手を組んで、「仕事つれー!!!!」って叫びたいんだよ。そしてビールを飲みたいんだよ。

宇宙人の基準で物事を考える気なんて、さらさらないんだよ。

 

ふー。

こんなこと言いながら、明日も僕は朝も早くから会社へ行き、夜も遅くまで働くんだと思う。まだ会社を辞める気にはなれないから、与えられた仕事はやるしかない。だからなるべく効率的にやることを考え、十分に休息をとりながら働く。休日には絶対仕事をせずに気分転換と体を動かすことに費やす。そうやって何とか人生のバランスをとるしかない。

そして十分な睡眠は外せない。

こんな記事を書いていないでさっさと寝るべきなんだ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 神様ジェラシー | トップページ | 4とか9とか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/36377175

この記事へのトラックバック一覧です: 不幸自慢宇宙人:

« 神様ジェラシー | トップページ | 4とか9とか »