« 受け入れ、生きる | トップページ | 自由の国 »

2010年9月18日 (土)

ビートたけし『たけしの最新科学教室』

を読んだ。

めちゃくちゃ面白かった。

やっぱり科学は面白い。

自然とか動物とか宇宙とかロボットとか。そういう色々な専門家とビートたけしとの対談が収録されている本。

世界には不思議が溢れていて、その不思議は生きる上ではどうでもいいのかもしれないんだけど、魅了される。

研究者っていいな。

 

この本には本当に面白いことが載っている。

例えば桜が春に咲くのはなぜか。そのつぼみは夏にはすでにできているのに!とか、

オーストラリアのオオツチスドリという鳥は、縄張りを広げるために隣の縄張りで生まれた子どもをさらって自分の仲間に入れてしまうとか、

オシドリ夫婦っていうけど、オシドリは実は毎年相手を変えているとか、

浮気を抑制する遺伝子があるとか。

 

もう「へー」の連発大安売り。

これだけの面白い知識をこれだけ面白くインプットしてくれるんだから、ビートたけしって人間はつくづく凄いなと思う。

クソ真面目で鋭い質問をしたかと思えば、科学をいきなり下ネタに繋げようとする。

その秀才たるや!!

 

とにかく超オススメ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 受け入れ、生きる | トップページ | 自由の国 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/36803023

この記事へのトラックバック一覧です: ビートたけし『たけしの最新科学教室』:

« 受け入れ、生きる | トップページ | 自由の国 »