« やんや党 | トップページ | 出発点はイメージ »

2010年10月16日 (土)

和田竜『のぼうの城(上・下)』

を読んだ。

 

めちゃくちゃ面白かった。

何か最近時代小説を読むことが増えたけど、その中でもかなり面白い方だと思った。

「のぼう」というのは成田長親の俗称。「でくのぼう」の「でく」を取って、領民からも「のぼう様」と呼ばれていた。忍城の城代として、天下統一を目前にした豊臣秀吉分の石田三成を迎え撃った。それで『のぼうの城』。

この時豊臣秀吉が関東の北条家を攻めて落とせなかった城は、この忍城だけなんだと。その戦いのお話だった。

 

この武将にして領民にも馬鹿にされる長親を筆頭に、各軍に面白いキャラクターが揃っていて、戦術も実に面白く、まさに戦国エンターテイメント小説って感じだ。

特にこの長親は、本当に摩訶不思議な人物で、馬鹿なのか名将なのか分からない。最初は秀吉と戦をするのに反対だと言っておきながら、相手に侮辱されるやいなやこう言って開戦を選んだ。

 

武ある者が武なき者を足蹴にし、才ある者が才なき者の鼻面をいいように引き回す。これが人の世か。ならばわしはいやじゃ。わしだけはいやなんじゃ」

~和田竜『のぼうの城(上)』より~

 

この台詞超いい。

わしだけはいやなんじゃ。

僕も、際限なく金をもうけようとしているクソ野郎どもに言ってやりたいよ。

 

「お前は確かにすげぇ。みんながお前をすげぇと言うし、お前から習いたい。お前のようになりたいと言うよ。でも、俺は嫌だ。俺だけは、お前みたいになるのは嫌なんだ。お前がそうしているのも、嫌なんだ」

って。

 

こういう小説をきっかけに、人は歴史に興味を持つんだろうな。

うん、いい小説だ。

 

のぼうの城 上 (小学館文庫) Book のぼうの城 上 (小学館文庫)

著者:和田 竜
販売元:小学館
発売日:2010/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

のぼうの城 下 (小学館文庫) Book のぼうの城 下 (小学館文庫)

著者:和田 竜
販売元:小学館
発売日:2010/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

オススメ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« やんや党 | トップページ | 出発点はイメージ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/37259231

この記事へのトラックバック一覧です: 和田竜『のぼうの城(上・下)』:

« やんや党 | トップページ | 出発点はイメージ »