« ペコリーマンの限界 | トップページ | オンリー論理ーグローリー »

2010年11月29日 (月)

無敵の言葉

「仕事だからサッカー行けない」

「仕事だから飲み会遅れる」

「仕事だから病院に行けない」

「仕事だから子どもと遊べない」

「仕事だから飯いらない」

 

仕事だから仕事だから仕事だから。

 

世界のあらゆるものが仕事によって潰されている。

たぶん、もし誰かが仕事として地球を潰したら、その誰かに人はこう言うんだろう。

 

あぁ、仕事なら仕方ないね。

 

たしかに、仕事ではなく人を殺せば罪になるが、仕事として人を殺せば罪にならないケースが世界には溢れている。

仕事とはなんと絶対的なものか。

 

この仕事というもの、一体何者なのか。

仕事仕事と言ってはいるが、仕事とは一体何なのか。

農家は畑を耕し種を撒き、水を撒き、収穫して出荷することを仕事といい、大工は家を建てることを仕事といい、サラリーマンは“会社へ行く”や“会社にいること”を仕事といい、アメリカは外国人を殺すことを仕事という。

さて仕事とは何なのか。

 

【仕事<しごと>】

①する事。しなくてはならない事。特に、職業・業務を指す。「―に出掛ける」「針仕事」

②事をかまえてすること。また、悪事。

③〔理〕力が働いて物体が移動した時に、物体の移動した向きの力と移動した距離との積を、力が物体になした仕事という。単位はジュール(J)。

~広辞苑より~

 

うん、実に分かりやすい答えがありましたな。

しなければならない事。

なるほど。しなければならない事は、しなければならないよな。だって、しなければならない事なんだもの。しなくてもいいしなければならない事は、それはしなければならない事ではないものね。

食べることも寝ることも約束を守ることも子育てをすることも全部、それ単体では“しなければならない事”ではない。もちろん、農業も建築もデスクワークも、それ単体では、”しなければならない事”ではない。でも人はそれを仕事と呼ぶ。しなければならない事だから仕事なのではないんだ。仕事だからしなければならないんだ。

認識なんだよ。

仕事と思えばしなければならない事になる。でも仕事と思わなければそれはしなければならない事ではない。しなければならない事ではないものをするってことは、主体的に能動的にそれをするってことに近いと言えると思う。だから本当は、仕事を仕事としないことが楽に生きる道なんだと思う。まぁ無理だけど。

だって仕事は仕事だもんな。

 

こうやって言葉の定義だけであーだこーだ言うのって、すげーくだらねーと思う。何の意味もねーからな。意味って何だって感じだけどな。

 

 

もうどーでもいいわ。

すげー疲れたから寝よ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« ペコリーマンの限界 | トップページ | オンリー論理ーグローリー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/37894698

この記事へのトラックバック一覧です: 無敵の言葉:

« ペコリーマンの限界 | トップページ | オンリー論理ーグローリー »