« いじめ解決率だってよ!!!!! | トップページ | ペコリーマンの限界 »

2010年11月20日 (土)

よく分からない主張ほど迷惑なものはない

僕はかつてスポーツで人を幸せにしたいと思っていた。

今もその思いは持っているが、当時のものとはだいぶ変わってきている。

 

スポーツという手段に本質はない

そう思ってきたんだ。

本質なんてクソ軽い言葉を使うのは実に不本意だけど、僕の語彙力ではこれが限界だ。本質という言葉を嫌々でも使うことにする。

 

スポーツをするかしないかは、全くもって大事じゃない。

人が幸せになればいい。

僕の周りにいる人が幸せであればいい。

僕が幸せで、その人も幸せであればいい。

手段なんて全然重要じゃない。

 

でも、それでも今、僕はやっぱりスポーツだと思う。

それは、世界で最も優れた、人を幸せにするツールがスポーツだと言いたいわけではない。

僕が幸せになれるものがスポーツだからだ。

そんな僕が誰かを幸せにするなら、やっぱりスポーツを使うべきだろうと思う。

 

クソ会社員になってからもう3年と半年が経つけど、僕はいつも顧客至上主義というものに違和感をもっていた。

お客さんのことを考えるのはものを売る人間としては当たり前の態度だと思うが、お客さんのニーズやウォンツを満たすために自己犠牲を払うのは絶対に違うと思う。ましてや、企業の論理に付き合って払う自己犠牲なんて論外だ。

僕がいつも夢見るのは、組織の構成員がたまらなく自由で気楽で幸せで、それに付き合わされるように幸せになっていく顧客や取引先。そういう組織を僕は作ってみたい。誰も犠牲になんてならないし、無理に誰かを幸せにしようなんてしない。まず自分が幸せになってから、じゃあ隣の人の幸せも考えてみようかという考え方。甘いのは百も承知。でも、理想論以外に、何から出発するんだ。僕はそういう思いでいっぱいだ。

 

話が反れた。

 

だからスポーツじゃなくていいんだ。

ただ、他の誰かが人を幸せにしようとするときにはスポーツじゃないかもしれないけど、僕がやるならスポーツだと思うんだ。

 

なんだ。結局スポーツなんじゃないか。

 

全然違う。

到達の過程によって認識は大きく変わるんだよ。

何の疑問もなく制服を着た奴と、「なぜ制服を着るんだろう」を経た奴とじゃあ、絶対に違う。制服を着るという目に見える結果は同じだけど、納得度とか、考え方の応用という観点でいえばそこには歴然とした差がある。

だから僕は、色々考えて、迷って、それでも続けてきて、問題だらけかもしれないけど、よかったと思う。本当はよかったと思うのはもうちょっと先であるべきなんだけど、まだ27歳だし、でもここから失敗してどん底に落ちても、僕は後悔しないと思う。力不足を嘆くことはあっても、自分の向かっていた方向が間違っていたとは思わないと思う。だから、後悔はないと思う。

 

なんだかよく分からなくなってきた。

 

とにかく僕は今日、朝からサッカーをして、昼からビールをたらふく飲み、夕方18時にして酔っ払っている。

昔、そういう大人を軽蔑していたけど、そういう大人になった今、そういう大人は貴重だと思うようになった。

この、真面目が人を殺す時代に、人を救うのはビールだと思う。

それほど健康を害しないし(研究の予算が欲しくてたまらないクソ研究者は、しょーもないデータを取り出して、たとえばプリン体とか、批判するんだろうけど)、身近だし、何より飲んだ後に感じるあの幸福感は他にない。

 

都合がいい。

 

言いたい奴には言わせておくよ。

どうせお前らはビールが飲めないだけなんだろ?

じゃあ黙ってろ。

もしビールが、神様が、この世界を恐怖に陥れるだけの、ただ戦争を生み出してばかりいる神様が残した、唯一の世界平和の手段だとしても、お前らはそれを否定し続けるんだよ。

 

俺らはビールが飲めない。

それだけの理由で。

 

そして俺は言うんだよ。

 

ビールこそ世界平和の象徴だ。

ただビールが美味しいという理由だけで。

 

 

世界はさ、独断と偏見と傲慢と暴力とお金と愛で成り立ってるんだよ。

とにかくさ、俺は人を幸せにすることをしたいよ。

だってさ、もう27年間も生きてれば気づくんだけどさ、いくら自分が楽しくても、一緒にいる奴が楽しそうじゃなかったら、人生を嘆いてたら、全然俺も楽しくないんだ。

だからさ、自分が幸せになるために、自分自身が幸せになることと、一緒に生きている人が幸せになる必要があるんだよ。その人のためでなく、自分のために。

 

そのために僕は、組織とスポーツ。

これを大事にして生きていこうと思うんだ。

僕はそこを一生懸命考えて生きてきたから。

 

まだ27歳の若造が何を言ってんだ。

 

そんなことを言うクソ馬鹿親父やクソ馬鹿ババアもいるだろう。

お前らは27歳を若造というかもしれないけど、俺にとって、考えて悩んで信じて生きてきた27年間(まぁ大半は何も考えずにつまらない競争心と保身のために生きてきたが)は決して短くないと思ってる。

俺が世界一嫌いなのはね、シソと自分のやり方や価値観を強制する人間と、さっきまだ27歳だしって言ったじゃんっていう人間なんだよ。

だからお前らがケンカを売ってくるなら、正直嫌だけど買ってやる。

俺はお前らの考えを認めるかもしれないし、今までの俺の考えを変えるかもしれないが、今までの俺を否定することは絶対にしないからな。俺は負けない。

負けないケンカならやってもいいよ。

 

僕の大学時代のゼミは「スポーツ組織論」。

正直入りたくて入ったゼミではなかったけど、思い切り影響されてる気がする。

ゼミの内容とちょっと違う気がするけど、なんだか導かれてるな、と思う。

 

これも結局、認知の問題なんだけど・・・。

 

 

やっぱ結局なんかよく分からなくなったな。

誰かを不愉快にさせたかな。

まぁいいか。人は同じじゃないから、誰かが幸せになるとき、誰かが不幸になるんだよな。

そのバランスが取れてることが、結局は平和ってことなんだろ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« いじめ解決率だってよ!!!!! | トップページ | ペコリーマンの限界 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/37757045

この記事へのトラックバック一覧です: よく分からない主張ほど迷惑なものはない:

« いじめ解決率だってよ!!!!! | トップページ | ペコリーマンの限界 »