« 才能なしリーマン | トップページ | いっつまいぱらだいす »

2010年12月24日 (金)

年末

なんか最近、完全に思考停止気味で、ブログを書く時間がある時でも書きたいことが浮かばなくなってきた。

昔は世の中への怒りに満ち溢れていたから書きたいことがないなんてことがなかったのに、最近はそういうこともなくなってきてしまっている。

全ては仕事のせいだと思うが、仕事のせいってことはつまり、自分の不甲斐なさのせいってことだ。

 

とりあえず僕はリハビリをしようと思う。

まずは毎日書くことから再開しようと思う。ちょうど年末の休みに入ろうという時期だし、ちょうどいい。

日記みたいなのでもいい。とにかく毎日書くのだ。

 

というわけで昨日と今日のこれまでの出来事を。

 

昨日は4連休の初日だった。

まずは吉祥寺に、映画『武士の家計簿』を観に行った。久しぶりのバウスシアターだった。

映画館は恐ろしく混んでいた。まぁ小さいところだからちょっと人がはいっちゃえば満員になってしまうんだけど、文字通りの満員だった。隣の席に荷物を置いている人をしきりに係の人が注意していた。

映画はまぁまぁだった。特にメッセージがあるわけではなく、江戸時代末期の武士の生活の実態を忠実に描こうとした作品だったんだと思う。いや、忠実ってのは嘘だな。現代版のアレンジというか、現代に置き換えたらこうなるんだろうなというようなユーモアもたくさん散りばめられていたから。

客のほとんどはおじさんおばさんだったが、皆マナーが良かった。上映中にお喋りをする人はまったくいなかった。一度子どもが喋ったが不快なものではなく、むしろ微笑ましかった。やはり土地なんだろうな。新宿に集うおばさんどもならこうはいかない。映画を観に来たんだか、この後のお茶の会話のネタの為に来たんだか分らないような連中だからだ。

しかしスタッフロールが流れ出すとやはり動く人はいた。別にそれはいい。ちゃんと申し訳なさそうに途中退出するなら、それは憎むことではない。しかし、あろうことか隣の隣にいた高校生だか大学生くらいのカップルが喋りだした。コソコソと話してはいるのだが、「ケツがいてぇ」だの「あそこ面白かったね」だの、映画館を出ながら話せばいいようなことを話しているものだから、物凄く腹がたった。正直こういう人は、DVDがレンタル開始されてから、家でいちゃつきながら観ればいいと思う。その方が、世界中の誰にとっても幸せだ。いや、映画の興行主と映画館にとっては不幸か。しかしそんな細かいことまで考慮できない。

 

映画の後はヨドバシカメラの上にあるタワーレコードに初めて行ってみた。

BUMP OF CHICKENの新しいアルバムを試聴した後、一通り店内を見てみたが、やはりPUNKコーナーはなかった。それどころか、PUNKの試聴コーナーもなかった。これだからタワーレコードは嫌いなんだ。

ここは僕にとってはなくてもいい店だと判断し、BUMPは買わなかった。僕にとって存在が必要不可欠なHMV立川店で買おうと思う。しばらく立川に行く予定はないからすぐにBUMPを手に入れることはできないけど、それでもあんなしょーもない店で買うよりは100万倍マシってもんだ。

 

それから家に帰り、大掃除に着手した。

といっても隅々までキレイにするという性質の掃除ではない。目的は「不要なものを捨てる」だ。とにかく部屋を身軽にしてやろうと思った。

やってみると、出てくる出てくる要らない物。こんなにも要らない物に囲まれて生活していたのかとあきれた。

そして今日は、要らない物の内、本とゲームをBOOK OFFに売りに行った。全部で61点と言われ、それが1万円弱になった。内訳を聞く気にもならなかったし、まぁ1万円ならいいだろうと思って、全部売った。マンガは『PLUTO』、『ブラックジャックによろしく』、『ROOKIES』を売った。

それからいらない服やらを処分したところで、掃除に一旦飽きた。

飽きて、それから本を読んだ。百田尚樹の『錨を上げよ(下)』。

まだ読んでのかよ、と思うだろう?長いんだよ、あれ。村上春樹の『1Q84』の全3冊分くらいある。しかし今日、やっと読み終えた。

長編小説らしく、ローテンションで大した盛り上がりのないまま下巻に突入していたこの小説、結局そのまま終わってしまった。つまらないわけではないし、いくつも折り目をつけたページはあったが、物語としては別に面白いということはなかった。百田尚樹にしては珍しい展開だった。『風の中のマリア』もそうだったが、この人は今、「愛」について書きたい時期なのかな、と思った。『錨を上げよ』の主人公は、とにかく愛に生き、愛に振り回された男だった。そういう類の、青春小説だ。

そういえば、「愛に生きてみたい~」って歌詞が、jaskyの歌にあったな。それを初めて聞いたとき、俺もそんな風になってみたいなと思ったっけ。何か懐かしいな。

 

さて大掃除。

まだまだいらない物は出しきれてないと思うが ―そもそもロフトに着手していない― まぁ今日のところはこんなもんだろう。まだ28日も29日もあるし。あわててやる意味はない。どうせ31日にはROONEYSのみんなによって汚されるんだしっ!

 

いやしかし、年末って楽しいな。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 才能なしリーマン | トップページ | いっつまいぱらだいす »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/38196963

この記事へのトラックバック一覧です: 年末:

« 才能なしリーマン | トップページ | いっつまいぱらだいす »