« いずれにせよーん | トップページ | そわそわのない春 »

2011年3月31日 (木)

東京都知事選 選挙演説

会社の帰り、調布駅で小池あきらが選挙演説をしていた。

立ち止まって聞いたわけではないのだが、どうやら小池あきらはひたすらに今回の東日本大震災における東京電力の批判や、石原都知事の批判をしていた。

僕ははっきり言って、こいつはダメだ、と思った。

小池あきらのことは正直よく知らない。

でも共産党という少数の党の人だけに応援しようとは思っていた。

ところがどっこい。

この日本の転換期に、被災地と並んで最も大きく変わらなければならないだろう東京のトップに立とうという人間が、大勢の前で、批判に徹している。

変わらなければならない。それも、大きく。多くの人々がどうしていいか分からないこの状況で。そんなときに批判が何を生むのか。

いや、批判も必要だとは思う。それは、批判から生まれる反省もあると思うからだ。

しかしそれを演説でする必要があるのか。

もしこの日本の混乱という状況が、東京電力や石原都知事によってもたらされたものならそれもあるいはいいのかもしれない。

でも忘れてはならない。

いくら東京電力にまずい点があったとはいえ、これは震災による被害だ。天災だ。人間が抗うことができなかった、天災だ。どんなに人間が反省しても、抵抗しても、避けられない。そういうものだ。

それを機会に誰かを攻撃しようだなんて、僕は卑怯だと思うし、未来を見ていないと思う。

ここにきて過去ばかりを見る人に、僕は自分の住む東京を任せようとは全然思えない。

 

もう一度言うが、僕は小池あきらを知らないし、演説も通りすがりに聞いただけだ。

だから本当は何を考え、何をしようとしているのかは知らない。

でも、たとえ一瞬の出来事だったとしても、あの批判は忘れられない。

 

頼むから候補者たち。

未来を語ってくれ。

あなたは東京をどこへ向かわせようとしているのか。

人口は?企業は?電力の確保は?

立候補したときと状況が大きく変わっちゃったけど、辞退しないなら新しい方針を打ち出さなきゃダメだよ。と思う。

 

今こそ価値観を語るときだ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« いずれにせよーん | トップページ | そわそわのない春 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/39439140

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都知事選 選挙演説:

« いずれにせよーん | トップページ | そわそわのない春 »