« 足止め司馬遼太郎 | トップページ | 小3っていったらクソガキだぞ »

2011年4月 3日 (日)

勘違い節電

気づいたんだけどさ、電気が貯めておけないんだったら、計画停電が必要ないという状況下において節電する意味って、ほとんどないんだよな。

今日コンビニに入って、そこが全然節電してなかったときに「このコンビニは節電してなくてダメだな」と思って、「ん?でも節電してないことがなんでダメなんだ?」と自問してみて気が付いた。

休日の昼間は比較的需用電力が下がるから、供給電力を上回ることはほとんどない。だから東京電力も休日の計画停電は実施していない。この状況下なら節電をする必要はほとんどない。停電さえ起こらなきゃ、節電する意味はない。貯めておけないなら、使わなかった電気はどこかに放電されて終わりだ。いわば無駄な発電になるというわけだ。だから人が使っても使わなくても結果は同じ。

ただ、だからといって節電する日と節電しない日を使い分けるのも難しいし、逆に面倒くさい。世の中の企業や事業所、店舗が同じように足並みを揃えられるわけではないし。だから結局は毎日それなりに節電をすることになっていると思うんだけど、だからって節電しない人や企業を批判する必要は全くないんだ。だって停電さえしなきゃOKなんだから。需用が1%でも供給を下回っていれば、誰も困らないんだから。

計画停電が実施されている状況下や、今にも需要が供給を追い越しそうな状況下においては節電をしない人や企業は批判されてしかるべきだと思うが、そうでないならば別に節電しないからって批判されるのは的外れなんだと思う。

そう思った。

 

イメージだけで物事を考えると間違えることがあるってことだ。

 

 

あぁ別にじゃんじゃん電気使っていこうぜってことが言いたいわけじゃないのよ。

何かね、こういうことがあったときに大袈裟に振り子が振れ過ぎるのが何となく怖いだけなのよ。

日本人の特性みたいなとこもあると思うけどね。

行動は変えても、価値観までそんないきなり180度変えるのはどうかと思うよ。危ないよ、そういうの。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 足止め司馬遼太郎 | トップページ | 小3っていったらクソガキだぞ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/39476224

この記事へのトラックバック一覧です: 勘違い節電:

« 足止め司馬遼太郎 | トップページ | 小3っていったらクソガキだぞ »