« セブンイレブンの顧客至上主義2 | トップページ | セーフティー告発 »

2011年6月 4日 (土)

必要だと思っている手続きは本当に必要なのか

この状況でまだ政局争いをしている。

外国から見たら実に滑稽な光景だろうなと思う。

ただでさえ、「あれ?今の日本のシュショーって誰だっけ?」とか思われているに違いない国家なのに、「あいつらはこの期に及んでまだやるか」とまで思われたいのか。

 

確かに総理大臣の近しいところから不安・不満の声が挙がるのはちょっと危ない状態なのかなと思う。それほど菅直人という人間は問題のある人間なのかもしれない。

でも、だからってなぜ不信任案なのか、と思う。その手続きが必要なのか、と思う。

 

総理大臣は無視できないのか。

 

日本人の良さでもあると思うけど、やはりどこか生真面目すぎやしないか。なぜ従来の手続きをそこまで大事にするのか。もし総理に問題があるなら、総理を無視してやれないのか。

 

「いや、最終的な判断は総理がやることになっているから・・・」

 

そんな主張をする人がいるのかどうか知らないけど、総理に判断を回さないでやる方法はないんだろうか。つまりは、“勝手にやる”ってことなんだけど、それこそ自民党なんて力的には民主党と何ら変わらないんだから、民主党がやることが気に入らなければやればいいじゃないか。

「復興のための法律を作らなければならない」?

そうなのか?本当に法律がなければできないのか?確かに後々の責任問題を考えれば法律はあった方がいいし、それに則ってやる分には個人や一政党の責任問題にはならない。

ただそのためにまずやらなければならないのか菅降ろしであり、政権を獲ることなんだ、というのであればガッカリもいいとこだと思う。

そんなことをやってる間に、あなた方が管を降ろしてやろうとしていることの重要性と必要性は失われていくんだから。

 

不信任案の反対討論をする民主党議員の話を、議席の一番後ろでポケットに手を突っ込みながら野次を飛ばして、まるでヤクザみたいな態度で聞いている自民党の谷垣総裁を見ていると、菅を降ろしたって、また自民党に政権が戻ったって、絶対に何も変わらないじゃないかと思わざるを得ない。

 

だから僕は提案したい。

真にこの日本をどうにかしたい、東北の復興に全力を注ぎたい、そんな政治家の人。

もう勝手にやろうじゃないか。

もしその勝手が効果的であるなら、人はついてくると思うよ。

今の政治不信はそこまできてるよ、もう。

今支持を集めているのは、震災直後に単身被災地へ乗り込んでいった江頭2:50なんだよ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« セブンイレブンの顧客至上主義2 | トップページ | セーフティー告発 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよ そうなんです。
まったくいやんなってしまうわけです。

身近なとこしか見られないド近眼ヤロー達に
心底、嫌気がさすわけです。

《センセイ》達のジョーシキは世界のヒジョーシキ!
滅亡してください、要らないから。

投稿: ランムック | 2011年6月 5日 (日) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/40256603

この記事へのトラックバック一覧です: 必要だと思っている手続きは本当に必要なのか:

« セブンイレブンの顧客至上主義2 | トップページ | セーフティー告発 »