« 喉とプライバシー侵害と薬の話 | トップページ | 左目ボンバー »

2011年8月14日 (日)

池井戸潤『下町ロケット』

を読んだ。

 

久しぶりに本の感想を書きたくなるほど、面白かった。

新しい本だからあまりネタばれになるようなことは書かない方がいいと思うんだけど、掻い摘んで言えば、下町の中小企業である町工場がロケットのエンジンの重要なパーツの製作・受注を勝ち取るまでの物語だ。

 

そこには池井戸潤らしい企業戦士の対決ストーリーがあったり、組織人や経営陣としての葛藤や策略があったり、夢とか生活とかいう人間物語もあった。どんどん引き込まれていった。

 

下町ロケットというタイトルも実にいいじゃないか。技術が、小さな部品を作ってる中小企業が日本の生産業を支えている、その象徴的タイトルだ。

 

 

読んでいる途中、「ちまちました作り直しはやめろ」という、うちの会社のうちの部の方針を思いだし、あぁうちの部にはモノづくりの精神とやらはないんだろうな、と思った。まぁ僕にも正直その精神はないから意見する資格なんてないのだろうけど、技術力とかを含めたモノづくりの力ってのはこうやって落ちていくんだろうなと思った。

まぁ確かに、革新的に変えたものってのはアピールがしやすい。消費者にも取引先にも、そして上司にもね。ただ、革命も革新も(違いが分からないけど)、きっと積み重ねの上にあるんだろうなと思うと、細部のブラッシュアップを怠る会社には本当の革新(革命)はないんだろうなと思った。

 

別に僕が勤める会社の話はどうでもいいんだ。

とにかく、池井戸潤はもういくつか読んでいるけど、全部面白い。そういえばこの『下町ロケット』は直木賞を受賞した作品だ。なるほど、直木賞は、見る目がある。本屋大賞とは違うね。

 

原発関連の本と小説を交互に読む日々だが、小説においては一旦読んだことない池井戸潤の作品を読んでいこうと思った。

 

 

【送料無料】下町ロケット 【送料無料】下町ロケット

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 

 

ではまた。

 

 

|

« 喉とプライバシー侵害と薬の話 | トップページ | 左目ボンバー »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/41210532

この記事へのトラックバック一覧です: 池井戸潤『下町ロケット』:

« 喉とプライバシー侵害と薬の話 | トップページ | 左目ボンバー »