« 細菌とウイルスの話 | トップページ | 泊原発3号機の営業再開について »

2011年8月17日 (水)

節電はしない方がいい

節電って何?

節電、節電って世間はわーぎゃー騒いでるけど、節電って一体何のことなのかな。

たぶん電気を節約するってことなんだろうけど、電気を節約するっていうのは一体どういう行動を指すのか。

 

ん?そもそも、節電ってのは行動なのか?

でも「節電する」とかよく言ってるし、たぶん行動なんだろう。

行動ってことは、死人にはできない行為だ。

 

つまり、電気を使わないという“状態”は死人にもできることだから行動とは言えず、よって節電とも言わないということになる。(節電というものがあくまで行動だということにすれば)

 

じゃあ節電とは何かと言うと、何だか変な話だが、「電気を使うこと」ということになる。

 

節電は、電気を使うことから始まる。

そして、ある基準よりも少ない電気を使うことではじめて節電というものを行うことができるんだ。

その基準とは・・・

①過去の電気使用量

②特定地域の平均電気使用量

③国または自治体が定めた電気使用基準量

④各電化製品メーカーの従来品の電気使用量

こんなもんかな。

 

これらの基準のうちどれかを下回るような電気の使い方をすれば、それは節電をしていることになる。

 

うーん、気持ち悪い。

節電!節電!というのは、「電気をちょっと使おう!電気をちょっと使おう!」と言ってるようなもんだからな。

節電をするより、電気を使わない方がいいに決まってる。

 

電気を極力使わない生活をしているあなた!ちゃんと“節電”しないとダメじゃないの!!

世間は節電、節電って言ってるよ!この非国民が!

 

 

まぁこれはただの屁理屈だけどね、でもね、例えば公衆トイレとかお店のトイレとかで、なぜか手を乾かす機械に「節電のためご使用はご遠慮ください」とかいう貼り紙がされているのを見るたび、結局日本人は生活をのものを見直すつもりはないんだな、と思う。

もし電気を使わない生活を少しでも目指すつもりなら、あんなものはさっさと撤去してしまえばいいのに、何の未練なのか貼り紙なんぞをして物そのものは残している。

 

まったく。気持ちの悪い国だよ、この国は。

全国にまき散った放射性物質のせいで頭がいかれたんだな。

 

 

あ、そもそも、電気供給量の不足を心配しての節電ならする必要はないから、何か変な義務感で節電をしているそこのあなたは、今すぐガンガン電気を使えばいいよ。どうせ生活を改める気がないならね。電気は火力と水力で十分作れるから大丈夫。

あと、いろんなお店とか会社が節電してるからってあまり気にしない方がいいよ。あれはアホな日本政府が電気使用の制限を出したためと、ただのコストカットとイメージ戦略によるものだから、僕たち個人がそこに引け目・負い目を感じて節電に付き合ってやる必要はないから。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 細菌とウイルスの話 | トップページ | 泊原発3号機の営業再開について »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/41240229

この記事へのトラックバック一覧です: 節電はしない方がいい:

« 細菌とウイルスの話 | トップページ | 泊原発3号機の営業再開について »