« 泊原発3号機の営業再開について | トップページ | 日本政府はどうしても原発を持続させたいらしい »

2011年8月17日 (水)

祭り上げられる高校球児

何を隠そう、僕は今夏休み中だ。

そして嫁は帰省中だ。

もうブログの更新頻度が上がって仕方ない。頭が働く働く。

やはり大事なのは時間だ。

「忙(しい)」という字は「心」を「亡(くす)」と書くが、心とは心臓のことではなく頭のことだなと再認識した。

 

 

さて次は全国高校野球の放送について書こうと思う。

特に民放。クソ民放について。

 

すべての局の番組を見ているわけじゃないからピンポイントでフジテレビだけを批判するが、「めざましテレビ」での選手個人の取り上げ方。

主に身内に不幸のあった選手や、生まれつき家庭環境が特殊な選手にスポットを当てて無理矢理にドラマをつくる。

「この選手は他の選手よりもハンディキャップを抱えながらもここまでやってきました。応援しましょう」

てな具合だ。

 

僕はこういったスタンスにうんざりする。

もちろんそういう選手に同情の余地はあるかもしれないが、そんなのは身内とか友人とか、彼のすぐ近くの人たちだけが知ってればいい話だ。

あなた方マスコミがやるべきことは、その高校がどのような方針でマネジメントして、どのような練習をして、どのような歴史があるのか。そういったことじゃないのか。だってここから多くのプロ野球選手が生まれるんだし、全国の高校にヒントを与えればそれが野球レベルの底上げにもつながる。そういう社会的な価値を提供するべきじゃないのか。そして、何よりも大事なのは、試合で勝手に生まれるドラマを、ただありのままに伝えることだ。スポーツなめんなって話だ!安いドラマは21時台の枠だけでお腹いっぱいなんだよ!

 

なぜ自分たちがドラマを作ろうとするのか。

マスコミの傲慢さには本当に腹が立つ。

スポーツにおいて最も美しいのは、勝利を目標に真剣に考え、様々な訓練をし、試合では考え抜かれた戦略に基づいて全力でプレーすることだ。

決してハンディキャップを乗り越えることが大事なのではない。

日本の報道レベルの低さはもう本当に、致命的だ。

 

資本主義社会の自由競争が原因だ。

テレビは無料じゃないと見てもらえないし、無料にするためにはスポンサーが必要だし、スポンサーについてもらうには視聴率が必要。だから分かりやすい感動を与えようとする。

こうして日本人はメディア馬鹿になった。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 泊原発3号機の営業再開について | トップページ | 日本政府はどうしても原発を持続させたいらしい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/41245142

この記事へのトラックバック一覧です: 祭り上げられる高校球児:

« 泊原発3号機の営業再開について | トップページ | 日本政府はどうしても原発を持続させたいらしい »