ニュース

2011年8月23日 (火)

強引原発

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201108/2011082200773

 

「関電は、正しい数値で再計算した結果、基準値内に収まっていたとし、保安院も、安全性に問題はないと判断した。」

ということはつまり、最初の計算では安全性に問題ありだったわけだ。

それが“正しい数値”で再計算したら、「やっぱり安全でした」ということだ。

 

まったく。

怪しすぎるだろ。

何が何でも原発を再開させる気なんだ。政府は。

だから菅直人が邪魔だった。

 

 

ではまた。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

日本政府はどうしても原発を持続させたいらしい

もうね、日本政府終わってる・・・。

本当に救いようがないかも・・・。

 

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011081790070009.html

とんでもないよ本当に。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泊原発3号機の営業再開について

北海道の泊原発3号機がとうとう営業を再開する。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110817-OYT1T00384.htm

 

まぁ、営業を再開するというだけで、調整運転はしていたわけだから事故のリスクが急に高まるというわけではないんだろうけど、それでも「なぜ!?」という思いだ。

何故泊原発で電気を作らなければならないのか。

国策として、原発は減らしていくんじゃないのか。

どうなってんだ。

 

 

そしてこの泊原発3号機ではプルサーマルを実施する。

要するにプルトニウムを使って発電するということだ。

人類が作り出した最悪の物質と言われる、プルトニウムだ。

これが泊原発を何が何でも動かしたい理由だろう。

 

日本はこれまでの原発で大量のプルトニウムを作り出してきた。

日本がプルトニウムをそのままの状態で保持することは国際的に禁止されている。

原爆が作れてしまうからだ。

だから日本は、プルトニウムを処理しなければならなかった。形を変えなければならなかった。そこでつくられたのが高速増殖炉「もんじゅ」。プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使用して発電しようというものだったが、相次ぐ事故等で機能していない。

でもこのままじゃプルトニウムが溢れてしまう。そこでMOX燃料を原発で使っちゃえ!というのがプルサーマルだ。東日本大震災で事故った福島第一原発の3号機もこのMOX燃料を使ったプルサーマルが実施されていた。だから事故後、プルトニウムが外で検出された。ちなみにプルトニウムの半減期は24000年だ。24000年経って、やっと放出する放射線が半減する。要素は8日。まぁ別に半減期が毒性の強さを表すわけじゃないけれども。

 

 

そんな、プルトニウムを生み出すプルサーマル原発が北海道で動き出そうとしている。

福島の事故をまるでなかったことのように無視して。

 

利権。

投資を取り戻す。

嘘や不正を隠す工作。

 

腐った奴らが日本を滅ぼそうとしている。

なぜ福島で起こったことを、また起こると考えられるのか。

原子力安全・保安院が行うテストに何の意味がある。

お前らのことなんか信用できるかよ。

 

 

まぁ事故のリスクは承知の上だろうな。

それでも動かさなきゃいけない理由があるんだ。上記のとおり。

 

つまりこれはね、あれだよ。堂々たる差別的発想。

 

 

北海道には犠牲になってもらおう。

 

 

腐ってるよ。ホントに。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

ゴン中山・鈴木秀人の戦力外通告について

とうとうこの二人がジュビロ磐田を去る。

正直、ジュビロもよくここまで契約していたな、と思う。

僕はこの二人が嫌いなわけではない。

でも、もう戦力にならないことなんて、ちょっと前から分かっていたはずだ。

きっと、黄金時代を築いたジュビロだからこそ、その時代を支えた人間をクラブ側から切ることは難しかったのだろうと思う。

中山は現役続行を希望しているらしい。

本人がそう希望しているのなら、たぶんオファーはあるだろう。でも、J1では絶対にないと思う。たぶんJ2も無理。それほど、中山はもう動けないと思う。(去年あたりからその動きは本当に酷かった)

鈴木はどうするのだろうか。最近見てないからどうか分からないけど、鈴木ももう実力的には無理だろう。

僕は個人的に、潔くやめることを美しいと思う。まだ十分なパフォーマンスが発揮できるギリギリのところでやめるのが理想だと思っている。

でも選手にも色々な考えや想いがあるから、僕なんかがつべこべ言うことではない。

それでも僕はやっぱり、かつて凄かった選手が並みの選手にケチョンケチョンにされる姿を、見たくない。それが本心だ。

 

最後に言っておこう。

中山雅史と鈴木秀人は、本当にいい選手だった。

中山のオフ・ザ・ボールの動きは世界一だったし、鈴木の1対1の強さとオーバーラップは1級品だった。

98年あたりからのジュビロの強さを支えた二人であることは間違いない。

2001、2002年のようなサッカーはもう二度と観れないだろう。国内でも海外でも。

それほど貴重なものを見せてくれていたのだ。

二人に言いたい。

心の底から、ありがとう。

 

 

ではまた。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

新型fukin'インフルエンザ三鷹に上陸

Yahoo!ニュース<新型インフルエンザ東京3人目の感染者>

 

おいおいおいおい、東京3人目の新型インフルエンザ感染者が、三鷹市の人だってさ。なんでこうも僕にゆかりのある地が騒がれるんだ。しかも25歳らしいよ。僕と同い年じゃないか。まぁそれは関係ないけど。でも頼むから過剰に反応しないでくれよ清原市長。もうウンザリなんだよ。学校は休校にしないし、ごみも有料にするなっ!違うか。

 

ではまた。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

冤罪と死刑

1998年に和歌山市で起きた毒物カレー事件で殺人などの罪に問われていた被告の死刑が確定した。

被告は死刑確定後も無罪を主張している。

検察側から提出された証拠はすべて“状況証拠”だそうだ。

NHKの報道番組を観ていると、「被告がカレーを一人で見張っていたのを見た」という証言が何度もその状況証拠の1つとして取り上げられていた。

こんな証拠を報道するくらいだ。まともな状況証拠なんて実はないんじゃないかと疑いたくなる。

状況証拠なんて国家権力にかかれば簡単に作れてしまうんだ。

 

ただ僕が真実を知ることは、残念ながらない。

だから僕はこの判決を事実として受け入れなければならない。

でも僕は想像しないわけにはいかない。

もし被告の他に被告が主張するように真犯人がいて、被告は冤罪で死刑になるのだとしたら、こんな悲しくて虚しくて腹立たしいことはない。

理不尽さに頭が狂い、髪をむしり、爪を立てて壁を引っかき、地面に頭を何度も打ち付け、疲れ果てるまで叫び続けるかもしれない。

 

「何で俺が」

 

そういうことがあり得るということを、僕は考えていたい。

ただ刑が確定したから終わりっていう事件じゃない気がするんだ。

 

死刑制度。

殺して、はい終わり。

本当にそれでいいのか。

間違いを犯すかもしれない自分を、常に考えていなければならないのではないかと、僕は思う。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

秋葉原通り魔事件~報道がもたらす悲劇~

こんばんは。お久しぶりです。健ちゃんです。

 

今日は家に帰ってくるなりタイトルのニュースを目にしました。

本当に悲惨な事件だったようです。

生々しい写真がYahoo!ニュースなどに掲載されていました。

 

僕は結構前から発言していますが、こういう事件はマスコミによる報道がもたらしていると思っています。

事件の全部の原因を報道のせいにするつもりは全くありませんが、大きく関係していると思います。

今回の事件の容疑者は「人を殺したかった」と言ってるそうですが、これつい最近の通り魔事件で聞いた台詞ではありませんか?

どこかの駅で起きた通り魔事件。

今回の容疑者はおそらくこの事件を知っていたでしょう。

直接の動機がこの事件にあると言いたいのではありませんよ?

ニュースなどでその事件を知ることにより、自分の鬱憤や不満を晴らす方法を得るということなんです。

例えば、この世に殺人なんて言葉がなければ僕は幾分か人を殺すという行為は減るだろうと思っています。

それと同じことです。

人は言葉や映像で想像を働かせます。というよりも、それがなければアイデアは思い浮かびません。

ゼロベースで考えてあるアイデアに至る人なんてほとんどいないのですから。

考えの基になるもの、あるいは模倣の手本があってアイデアが生まれる。

今回の無差別大量殺人だって、どこかで似たような参考資料があってアイデアが生まれたと考えるのが普通だと思います。

そしてその参考資料をどこで手に入れるかというと、やはりテレビなどによる報道なんだと思うのです。

 

なんていうか、テレビ局も結局会社なので利益第一ですから、“面白い事件”は大々的に扱うでしょうし、それに国民も食いつきます。

だから殺人の連鎖を生むような報道はするなと言っても実現が難しいのは分かっていますが、でも僕はもうちょっと報道する側に配慮を求めたい。

例えば新聞なら、一面にデカイ写真入りで、誰かを煽るような見せ方はしないで欲しいし、テレビなら事実のみをサラっと報道して、心理学者とか出てこないで容疑者や社会背景を分析しないで欲しい。

本当に。

そういう詐欺まがいなことは社会をおかしくするだけだと僕は信じています。

 

だんだん機嫌が悪くなってきたので今日はこの辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

火星人発見!?

NASAが火星で撮影した写真に人影が写っているらしい。

そう聞いて、興味津々で写真を拝見した。

 

驚愕の火星人の写真はこちらから

(写真を拡大して、左の方)

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ人間の形に見えることは見える。

でもそれが火星人かよ。

地球人と火星人の形が同じってとこが怪しい。

てか色的にも岩だろ。

それにあの大きさの生物がいるならなんで今まで発見されなかった!?

そう考えると、99%火星人ではないね。

 

でも、火星の写真を見てちょっと感動した。

ここが火星かと。

まるで地球じゃないかと。

確かに生物がいてもおかしくない感じはする。

いつか個人レベルで宇宙へ出かけることができる時代になったら、案外たくさんの生物が見つかるかもと思った。

 

Photo  

 

 

 

 

 

宇宙人がおちゃめ奴だといいなー。

 

 

★★ 本日の英語 ★★

As I begin to think this over, I've come to realize the hurt inside is nothing more than pain thru compromise.

BETTER LUCK NEXT TIME「TOMORROW, MYBE」(アルバム「BETTER LUCK NEXT TIME」)より

 

妥協による痛み・・・。

妥協ってのは大体、痛みを避けるためにするもんだけどな。

その結果、痛みを感じるってことは、やはり人間は矛盾を抱えて生きているものなんだな。

うん。

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月31日 (月)

高原直泰 浦和に移籍!?

とんでもないニュースが飛び込んできた。

ドイツブンデスリーガ フランクフルトFWの高原直泰が来季からJリーグ 浦和レッドダイヤモンズに移籍することが決定的だと。

以下抜粋。

---------------------------------------------------------------

■高原の代理人が浦和移籍の早期決定に自信
浦和への移籍が有力視されているフランクフルトFW高原直泰(28)だが、同選手の代理人トーマス・クロート氏は「交渉は既に終わっている」と話し、浦和移籍の早期決着を明言したことが明らかになった。年俸は推定1億8000万円、移籍金は1億8000円~2億円になる見通し。(スポーツ報知

---------------------------------------------------------------

 

高原といえば、2002年にジュビロ磐田でとてつもないパフォーマンスを発揮し、年間MVPに輝き、ドイツへ渡った経緯があります。

その高原が日本に戻ってくるなら絶対ジュビロでしょ!

なんでレッズなんだ!?

強いからか!?

お金か!?

 

・・・・・・・・・まぁどちらもプロとしての判断材料としてはかなり真っ当なわけだけども。

でもジュビロファンの僕としてはどうも納得できない。

それならいっそ帰ってこないで欲しい。

レッズとジュビロがやる時に、高原がレッズにいると思うと何か辛いぞ。

 

中村俊輔も日本に帰ってくるという話があり、移籍先は横浜FMの名前が挙がっている。

中村といえば横浜でしょう。

そういう恩返し魂って大事なんじゃないのか!?

高原!お前にはそれがないのか!?

もちろんちょっとでも強いチームでやりたいのは分かる。

ならヨーロッパにいろよ!

日本なんかに帰ってくるなよ!

今のJリーグはレベル低いよ~。

 

もし帰ってくるならどうかジュビロにしてくれ!

代理人とかクラブ間の問題だから難しいんだと思うけど。

ならせめてジュビロとやる時はゴールを決めないでくれ!笑

 

あー。

最近日本人も活発に移籍するようになったけど、やっぱファンからすると辛い移籍ってたくさんあるよね・・・。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

暴力の連鎖を断ち切るために武器を送るアメリカ

今日の読売新聞朝刊の6面の記事です。

 

----------------------------------------------------------------

米軍「敵の敵は味方」作戦

イラクスンニ派に武器供給

(前略)「我々が試みているのは、暴力の連鎖を断ち切ることだ。特に(宗派や部族の)現在地域では、暴力が暴力を呼ぶ悪循環が事態を悪化させてきた」。イラク駐留米軍のペトロイアス司令官は17日、米FOXテレビとの会見でこう説明した。(後略)

                          ~6月19日読売新聞朝刊より~

----------------------------------------------------------------

 

まったく意味分かんないわ、アメリカ政府。

自由とか民主主義とか言ってれば全部正義になるとでも思ってるんかね。

そんでやってることを正当化して世界の警察だなんて言っちゃってるんだもんな。

もはや、自由と民主主義って言葉は「郵政民営化」に並ぶ詐欺用語だっつーの。

 

こんな国が世界牛耳ってるんだからな・・・。

こりゃ世界平和は遠いわー。

 

戦争中毒―アメリカが軍国主義を脱け出せない本当の理由  

 

 

仲良しの友達が悪いことしてんだから注意しなきゃいけないよな、僕たち日本人はさ。

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)